フェアトレードって?

 フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指ざす貿易の仕組みのことです。

 

 フェアトレードは直訳すれば「公平な貿易」。現在のグローバルな国際貿易の仕組みは、経済的にも社会的にも弱い立場の開発途上国の人々にとっては、時に不公平なものとなり貧困を拡大させるものだという問題意識から、先進国と発展途上国の経済格差を解消する「オルタナティブトレード:もう一つの貿易の形」としてフェアトレード運動が始まりました。

 

 

東アジア共生コーヒー

 「東アジア共生コーヒー・ヒマラヤの薫り」は、ネパールの山岳地帯に暮らす小さな組合の農民たちが環境に優しい無農薬栽培で作ったコーヒーです。そこでは村の人々がコーヒーの実をひとつひとつ手摘みし、日光で天然乾燥させています。

 

 このコーヒー豆を農民たちが流した汗のに見合う価格で買い取り、小規模コーヒー農家の人々の持続可能な生産活動と生活を支援します。



※現在、「東アジア共生コーヒー・ヒマラヤの薫り」は取扱い休止中です。

 詳しくはこちら